自社の社員のプロ意識改革

こんにちは、からあげと申します。

以前2ヶ月ほどライブドアブログでブログをやっていましたが心機一転ワードプレスに移ることにしましたのでどうぞよろしくお願いします。

旧からあげブログ

http://blog.livedoor.jp/takaaki62444/



ブログの目的

このブログはブログタイトルにもある通り1平社員が自社(社員30名弱の電気工事会社)の部下に対して意識改革を実験的に行っていき、その成果や経過を記録していくためのブログです。

なぜそんなことをするかと言えば理由は3つほどあります。

  1. 会社がそれを望んでいるが誰もやらないから。
  2. 自分自身の思考力を鍛えるため。
  3. リアルなゲームだと思うと楽しいから。

5年ほど前に若手の教育についてちょっとした議論がありました。若手の成長が芳しくないのでテコ入れして底上げをしようという提案です。そこである程度上の役職の人は各自で紙に案を書いて会社に提出することになりました。自分も出しましたが内容はイマイチ憶えてません。そうすると普通は集まった案をもとに会議が開かれると思います。実際はと言うと開かれませんでした笑。採用された案の発表も無し笑。採用したかもわかりません。なんやねんって感じです。

まあそんな話はさておき会社はこんな感じだし、色々考えるの楽しいなと言う事で自分で動くことにしました。とりあえず動けば何か変わるだろうと。

なので読者の皆さんには1平社員がなんかジタバタやってるなーとおもしろ温かい目で見ていただければと思っております。また会社に勤めている方には少しでもこのブログが参考になれば幸いです。

以上がこのブログの目的になります。

プロ意識の定義

自分の考えたプロ意識の定義みたいなものをしたためてみます。建築業をベースに考えています。

  • 自分がもらっている報酬分は最低でも仕事をするという意識。
  • 普段お客さんと関わることが少ない職種でもすべての仕事にはお客さんがいるという自覚があるか。
  • モチベーションの有る無しに関わらずお金をもらっている以上はやらなければしょうがないという気概。
  • 工夫、改善は当たり前にやるという意識。
  • やるべきことをサボらずにやれるかどうか。

以上が自分が考えてみたプロ意識の定義です。ここらへんの意識を会社の部下にどう浸透させていこうかというのがこのブログの主旨です。

プロ意識向上のための対策

再来月にプロ意識向上プロジェクトの会議を開きますのであらかじめ自分なりの対策を考えたいと思います。

  • 自社の上司、または親会社の上役に「お金の流れについて」や「プロ意識について」講演してもらう。
  • 月に一回、部下に今月の成果と課題を書いて提出してもらう。内容によっては報奨金をだす。
  • 年に一回、プロ意識の向上が認められた社員に対しても報奨金をだす。

理想としてはプロ意識が知らず知らずのうちに浸透するようなシステムを社内で稼働させたいと考えていますがまだまだ模索中です。

これからこのような形でプロ意識の向上に関する情報を提示していきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

“自社の社員のプロ意識改革” への1件の返信

  1. I haqve been sjrfing onlie moire tjan 3 hourrs tgese days, yett I neever discoverred aany fascinating article like yours.

    It iis lovely valuie ufficient ffor me. In myy opinion, iif all webswite ownmers aand blogvgers ade
    just rigyht confent aas yyou probably did, thhe internt wipl ptobably
    bbe a llot mopre uuseful thjan ever before. I isited several weeb siutes bbut
    the audjo fsature foor audio songs existing at this
    website iss inn facdt wonderful. I wkll immeediately cluutch yoyr
    rss ass I cann nnot inn finding you e-mail subschription hyperlinjk orr newssletter service.
    Do yoou havbe any? Kindly perrmit mme realiz soo that I ckuld
    subscribe. Thanks. http://cspan.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です